会 長  酒井 朋久

Club President Tomohisa Sakai

本年度運営方針 Operation Policy for this year

会長  酒井 朋久

創立1952年の歴史ある大阪北ロータリークラブの2017-2018年度会長を拝命し、心を引き締め精一杯取り組んで参ります。特に本年は65周年を迎える年でもあり、会員の皆様のRC活動への積極的な参加を通じて、友の輪が更に深まり広がることを目指した運営をして参りますので何卒よろしくお願いいたします。

今年度のイアン・ライズリーRI会長のテーマは「ROTARY:Making a Difference」「ロータリー:変化をもたらす」です。ロータリーが、奉仕を通じて地域社会と世界に変化をもたらすことができるよう、積極的な行動をしましょう、と提唱されています。片山 勉2660地区ガバナーのスロ-ガンは、「個性を生かし、参加しよう」です。ロータリーの基本理念と奉仕活動の充実・実践を表したことばになっています。そのためには、「ここがちょっと違う。そこが良いんだよ。」「楽しい仲間がいるから集まりたくなる。」そんな運営を心がけることかと思います。

われわれもロータリアンの一員として、大阪北RCらしい個性ある活動を展開し、各活動に積極的に参加することで、地域と世界に良い影響を与えていかねばなりません。そのためには、協力し合える仲間を増やすことが、一番重要であると思います。

そこで、親睦の機会や時間をできるだけ多く提供し、「会員で居ることが楽しく有意義」と思って頂ける様なクラブとなり、当クラブを選んで入会して頂ける様になることを目指そうとの思いを込めて、今年度のテーマを “楽しもうロータリー 広げよう友情の輪” とさせて頂きました。

会員の皆様のお気づきの点や、ご意見、ご提案を、遠慮なくお知らせ下さい。真摯にお聞かせ頂き、例会や行事に、積極的にご出席、ご参加していただけるような、楽しいクラブ運営を目指して参ります。

2017−18年度国際ロータリー・テーマ

Posted on 6月 30th, 2011 in by admin本年度の運営方針 はコメントを受け付けていません。